白い風日記

エコショップ白い風をやりながら、感じたことを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も頑張ろ!

おはようございます。高校生を駅まで送って、
帰って来たら次男が泣いてたので、抱っこしながら
ちょっとひと息。

思春期真っ只中の娘3人とは、毎日誰かと激しい
バトルを繰り広げてるような状態の中…次男と
ふれ合うひと時だけが癒しだ~!長男は、ゲーム
ばっかりしてて腹立つし…あ、寝る前に
絵本読んで♪とちょこんと膝に乗ってくる姿は、
大きくなったからこそカワイくて、必要以上に
ギューしちゃうけど…

だけど、いたらない母の下だと、きょうだい同士で
助け合う気持ちが生まれてくるのか…

私が三女と激しいケンカをしてたら、そばにいた
次男を長女が呼び寄せたり、三女が、学校まで
車で送って行けとストライキを起こして、私が
ぶちキレてたら、普段は起こしても起きない
次女が飛び起きてきて、髪もとかさず着替えも
しないで、自転車の後ろに三女を乗せて学校の
近くまで送ったり…

ホント毎日腹に立つことばかり起こって、
頭の血管切れるんじゃないかと思う程だけど…

きっと過ぎてしまえばイイ思い出なんだろ~な
と、遠い目で思い出にふける日を楽しみに、
今日も1日頑張ります!
スポンサーサイト

直線

おはようございます!

只今4時半と早朝なのは…
ダンナが牛乳配達に行く頃だと思われるのに
なかなか起きない様子だったので、ヒヤヒヤしたら
なんか目が覚めちゃって。
ダンナは無事出発しましたけど…

せっかく早起きしたのに、いつも通り次男君が
オッバイにくっついて来て離してくれない情態。

昨日の朝、おもむろに「オッバイやめる~」と
呟いた彼。たまにそんなことを言っても、寝る前に
なるとニヤニヤしてくっついて来るので、夕べは
「朝、オッバイやめるって言ってたよね~」と
念押ししたら、ウン!とためらいなく返事をして
スッと寝付いてしまい…

母としては、突然のことで、少々寂しいけど、
自分の好きな姿勢で寝られることを喜んだのに~

やっばり寝てる時は理性が効かないのかな…

でも、こーして少しずつ、くっついたり離れたり
しながら、ゆっくり成長していくのが自然だよね。

「自然界には直線というものは存在しない」と
シュタイナーの勉強会で聞いたことを思いだしました。
子供もまたしかり。一直線には成長しないものです。
だけど、昨日ファイナンシャルプランナー2級の
合格発表があり、無事一発合格を知らされました!
こういう面倒なことは一方通行で通り抜けたかった
ので、良かった良かった~

とんだ祭の日

明日はどんなサプライズがあるんだろ~なんて

うっかり昨日の日記に書いちゃったら…

早速夜中に事件発生。

バアのただならぬ呼び声に飛び起きてかけつけると
廊下が血だらけ。長女が痛い痛いと泣いていて…

聞くと、イラついて風呂場のガラス戸を蹴飛ばして
割っちゃったとのこと。

消防に救急病院を聞くと、木更津の病院だと
言うので、ビール飲んでなくて良かった~と
思いながら夜中の道を飛ばし…

着いてみると入り口も分からないような古い病院。

あくびをしながら出てきた先生は面倒くさそうに
診察。ウチの次に受診したお兄さんも、看護婦さんに
あんないい加減でいいんですか?と不審そう。

縫合中は鼻歌歌ってたとかで、娘も苦笑い。
まぁ、いきさつも笑い飛ばしてくれて、母としては
気が楽になったけど。

で、帰ってきたら、もう祭の準備をする時間。

娘達の髪の毛をセットし、送り出した後は
初めての子供神輿に挑戦する長男を送り出し…

朝からホントに疲れた1日でした。さぁ、負傷した
娘を迎えに行かなくちゃ!

夏休みに想う

試験勉強する予定の夏休みが始まってるけど…

全く出来てませ~ん( ̄0 ̄)/

昨日は、次女のなぎなた錬成大会出場に付き
添って丸1日武道館で過ごし…明日、明後日は
アカデミアホールでのイベントに出店。その次は
富津ふるさと祭に出店…てなわけで、あちこち
出没しておりますので、良かったら遊びに来て
ください!

あ、その他の日は新舞子海岸の錦海亭にも出没
してま~す。今年初登場のタコライスがオススメ
ですよ!

この間、息子君逹はというと…

只今、水ぼうそうの次男君は、遊びに行くことも
出来ないので、箱入り息子になって代わる代わる
みんなに可愛がられている様子。長男君は、
私がお世話係として雇った次女が、せっせと宿題の
指導にあたっており、今まで放置していた分を
消化しているようです。

家族がいっぱいいると、親としては大変なことも
多いけど、子供にとっては、成長過程で関わる人が
多いことのメリットというのはかなり大きい
気がします。友達や地域社会も遠ざけて、両親
としか関わらずに成長してしまった私とは
正反対の環境。なんで自分がそれを望んだのかは
わかりませんが、今になって、子供逹の姿を見て、
成長し直してる気がします。

さすが先輩!

ご心配おかけしてます…

昨日、用事で小学校に行った時、ちょうど
息子の担任がいたので、困っていることを伝えると…

母親としての大先輩である彼女は、いつまでも
お母さんを困らせない子のままだったら、
そっちの方が心配ですよ!と笑い飛ばし…

更に中学生の生活態度を愚痴ると、校長まで
話に加わって、「自分も通った道でしょ!」と
やっぱり2人してケラケラ。

自分で学校の仕度が出来なくて遅刻するなら、
電話くれれば、こっちで対応しますよ!

と、温かく励ましてくださり、心が軽くなりました。
学級懇談会でも、母として辛い時期があったことを
打ち明けてくださったこともあり、人間味の
ある先生だと思っていましたが、やはり痛みを
知っている人は違うな…

確かに

何か子供に問題があると、お母さんの育て方の
せいにされがちなのが問題だ!と唱えていたのは
自分だったことを思い出しました。

いざ、自分が実際に責められると、こんなに
凹んで、自分を失ってしまうんだってことを
実感しました。

子育て16年目にして、こんな初歩的な問題で
つまずくとは…なんて未熟だったんでしょう。

母親として、やっと少しだけ成長した気がします。

さぁ、雨降ってるけど…洗濯しなくちゃ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。