白い風日記

エコショップ白い風をやりながら、感じたことを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブティック

今日は、小学生は修了式、保育園は修園(卒園)式。前日に用意できなかったため、朝は家族全員の服装選びで大忙しでした。

小学生なんて、別におしゃれして行かなくてもいいんだけれど、服装のTPOってのを少しでも意識させておきたい、という母のこだわりであります。とは言っても、3年生の子はGパンではないズボンに襟のついたブラウスとトレーナーの中間みたいな服、1年生の子はスカートにフードのついていないトレーナー、年中の子はジャンバースカートにブラウスとカーディガン、という程度のものですよ。

それにしても、お下がりの洋服は本当に助かります。特にフォーマル系のは、きれいな状態で回ってくるので、今まで買ったことがありません。

話は変わりますが、読売新聞に連載されている、池澤夏樹さんの「光の指でふれよ」って小説が、すごくオススメ!読売新聞をとっている方、是非読んで下さい。新しいライフスタイルを示唆しているんです。

その中で、「ブティック」と呼ばれる場所は、使わなくなったモノを誰かに使ってもらうために置き、必要な人が自由に持って行ってイイというところ。

私もそんな場所が欲しいなぁ、と思っていたんです。そうすれば、ゴミは減り、大量生産、大量消費に「待った」がかけられるのではないかしら…

明日は、10時半から、大貫海岸のいそね寿司前でクリーンアップをします。ゴミについて考える機会にできたら…と始めたクリーンアップですが、海岸をきれいにする作業は、とても気持ちのいいものです。リフレッシュしたい方にもオススメですので、良かったら遊びに来て下さい!

スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。