白い風日記

エコショップ白い風をやりながら、感じたことを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きもの

きもの きもの
幸田 文 (1996/11)
新潮社
この商品の詳細を見る


普段、髪振り乱して赤ん坊をおんぶしている私ですが、実はきものが大好きで、きものさえ着れば少しは見栄えもするかな、なんて思ってたりするんだけど…。ハハッ

昔から、首にほくろがあると着道楽、っていうらしいんだけど、私もあるんです。で、着物屋さんに勤めていた時に、一緒に働いている人を調べたら、ほとんどの人にあったのよ…そんなところで働いている人は、みんな着道楽だからね。

子どもの頃から、学校から帰ると、一人でウールの着物を着てみたり、寝るときにゆかたを着たりするような子だったから、かなりの筋金入り。で、きもの通には定番のこの本なんだけど、読んだことがなかったので、最近読み始めたんです。そしたら面白い、面白い!!きもので生活していた時代の様子、素材によって違う肌触りの表現の的確さ、色柄が鮮烈にイメージできる描写。きものの素材とか種類とかがわからない人にはちんぷんかんぷんかもしれないけど、きもの好きにはたまらない1冊ですね。

それにしても、この日記を読んでくれている人で、きもの好きな人っているのかなぁ。いたらコメントして~!
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。