白い風日記

エコショップ白い風をやりながら、感じたことを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

物干し竿が欲しい~

ミクシィで見て下さっている方は、マイミクのnoncilさんが報告してくれて、あったかい雰囲気が伝わっていると思いますが、ちょーさんのお話会は、四季の変化を音で表現したり、ススキの葉でバッタを作ったり、オカリナを吹いたり、と大人も子供も楽しめて、ほんわか心があったまるような時間でした。マックについても、スローな暮らしをめざす人達からは、「悪者以外の何者でもない」というような扱いをされがちだけど、「ピープルビジネス」と捉えると、大いに学ぶべき点が多いことに気付きました。「Noではなく、Yesを伝えたい」という、ちょーさんの愛が、皆さんにしっかり届いたように思います。

「未来への選択」というシリーズで続けたいこのお話会、やってみてわかったのですが、私が持続可能な暮らし方を伝える方法としては、今のところイメージにぴったりです。様々な生き方を表現し、様々な想いを分かち合い、安心して心を開ける場を作ることで、個人がゆるやかにつながっていくことを実現できそう。現在私は、自分で話をするわけではないし、文章を書くわけではないし、歌うわけでもなく、自己表現の模索をしている段階なのですが、そんななかでも、このような場で間接的に伝わる方が自然で、望ましい気がするのです。

2~3年前に友達が「よっちゃんがカルトの教祖様みたいになっちゃった夢みたよぉ~。」と心配そうに言ってきたことがあって、その時は全然そんな器ではないと思ったんだけど、自分の伝えたいことだけをストレートに表現していたら、こんな私でもありえない話ではないなぁと思い始めたのです。カリスマ主婦と呼ばれる人が出てくるくらいだから、世の中は「師」を求める人が多く、ちょっと目立つところがあれば、すぐに崇められる風潮なのかもしれない
と感じるから。逆に言えば、物事が全て画一化されて、平均的なところからはずれるとすごく浮くということだと思うけど。そんな社会の中で、バランスを取りながら、未来の為にできることをし続けるには、それなりの工夫がいるのかもしれません。未来を創造するのは、「私ひとり」ではなくて「私達ひとりひとり」だから…

話は全然変わって…
「ひろしです~
物干し竿が、とうとう洗濯物の重みに耐えかねて折れたとです~」
昨日洗濯物を干していると、竿がぐにゃりと曲がって洗濯物がどさっと落ちてきました。その瞬間、心の中で「ひろしです~」とつぶやいてしまいました。
昨日は洗濯機を5回まわして、かな~り大量だったんですけどぉ…
竿が折れるほどとはね…




スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。