白い風日記

エコショップ白い風をやりながら、感じたことを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブッダの嘆き

私が、核の問題を知ったのは、長女が生まれたばかりの頃だから…
10年ほど前です…

当時、子育て中のお母さん達の手で作られたミニコミ誌を購読していて、
「ブッダの嘆き基金」というものがあるという情報を得ました。
(下記URL参照)
それは、インドのウラン採掘現場で起きている、原住民達の
健康被害を訴え、支援していくというものでした。

私達が何気なく使っている電気を供給するために、
原子力発電という技術が使われ、その原料を得るために、
原住民達が被害を被っている!?

とてもショッキングでした…

私達が豊か過ぎる生活をおくっている影で、ウランの恐ろしさを
何も知らずに、ウラン鉱山のまわりで生活している人達がいるなんて。

同じ地球、同じ時代、同じ人間に生まれていながら、
こんなにも違う暮らしをしている人達がいるなんて。

こんなことを感じながら、何も行動せずに10年が経ってしまいました。

来月私達が上映会で伝える六ヶ所村の再処理工場の問題は、
原子力発電とはまた違う問題ですが、私達が自分達の生活を
無意識に送っていることで起きている問題であるという点で、
共通と捉えています。

10年間心を痛めてきた問題に、今回やっと取り組めること、
自分の気持ちは晴れるけど、この間何も解決していないもどかしさも
あり、複雑ではあります。でも、精一杯、私の言葉で
私達の認識すべき問題を伝え、悔いの残らないよう、
今度こそ行動していきます。

一緒に考え、行動して下さい。お願いします!

フッダの嘆き
http://www.jca.apc.org/~misatoya/jadugoda/
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。