白い風日記

エコショップ白い風をやりながら、感じたことを書いていきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

講演会に行って

今日の午後は、店を抜け出して、長野ヒデ子さんの講演会に
行ってきました。

娘達が揃って保育園に通っていた頃、園内の文庫で、
たぶんお当番の仕事をしていた時に、先輩のお母さんから、
「この本面白いよ~!」と紹介してもらったのが、
長野さん作の「おかあさんがおかあさんになった日」。

それ以来、娘も私も楽しませてもらった絵本です。
そんな思い出のある絵本の作者がどんな方なのか、
お会いしたくて行ってきました。

先日も、子ども達が大好きな「めっきらもっきらどおんどん」の
作者、長谷川摂子さんの講演会に滑り込みで入り、お顔だけ
拝見してきたり…。作者がわかると、より楽しみが深まります。

どちらの講演会も、君津の図書館が開催して下さったものです。

君津市は、ブックスタートという、乳幼児健診で絵本を紹介する
事業をしたり、文化事業に対する助成があったりと、文化の向上に
対する取り組みを、私は非常に評価しています。

いいお手本がお隣にいるのですから、富津市もいいところは
真似しましょうよ!

いや、行政がやらないから、と文句を言っているのではなく、
市民が「こんなことをしたい」と声をあげることも必要だと思うので、
これは自分に対する掛け声です…。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。